青く、高い空

 アニメのオープニングのイメージをひとことで言うと、「青空」といった感じだとおもう。
そのことをアニメのスタッフの方と話していて、不意に思い出したことがある。これだ↓

 これはかれこれ4年ほど前、サイポリスの連載が終了して、次はロボットものをやりたいなと企画を練っていたときに描いたスケッチの一枚である。要するにガイラの(かなり遠い)原型だ。

 少年と白いロボットが、バックパックを背負ってのんびりと砂漠を旅するイメージ。
果てしなく青く、高い空と、見渡す限りの地平線。
アニメのオープニングで描かれているイメージが、じつはずいぶん前に俺がやりたくて実現できなかったものだったことに、つい先日改めて気付いたのである。

 もちろんアニメスタッフの方々は俺のこんなイメージなど知る由もない。
でも、俺が自分でも気付かないうちに抱いていたイメージを、バンやジークに託していて、それをスタッフの方々が感じ取ってくれたのであろう。

 初めてオープニングを見たときにあんなに嬉しかった理由のひとつが、ようやく分かった。
 それに、過去に考えておいて実現しなかった企画というものは、決して無駄ではなかったことが確認できた、という次第である。

(99年11月)

戻る
inserted by FC2 system