普通の観光

 ここまでの話を読むと、台湾にいる間ひたすらオタクな趣味を満喫していたかのように見えますが、ちゃんと名所・旧跡を回る普通の観光もしてました。そう考えるとずいぶん忙しかったな、俺。実際ホテルに帰ると室内用のメガネに掛け替えるヒマもなくベッドに倒れ込んでたし。くたびれて。

 さて、俺が訪れたときに台湾では旧正月が終わったばかりでまだ町には正月気分が漂ってました。さらに辰年でミレニアムってことで、2000の文字と龍をモチーフにした飾りがあちこちに。
ちょうどこの時期ランタン祭りという、日本で言うとねぷた祭りみたいな行事が行われてて、見物の人の波で道路は大渋滞でした。渋滞といえば台湾の車の運転は大阪以上に荒っぽい。その上シートベルトは義務じゃないみたいだし。こえー!
 でも死亡事故は意外と少ないらしい・・・慣れてるのか?


龍山寺・台湾では知らぬもののない名刹

 初もうでの客もさすがに少なくなったという龍山寺でおみくじも引いたですよ。結果は・・中国語なのでイマイチよくわからんのだが・・・調子に乗らずにコツコツやるが吉、みたいな結果だったと思う。ちなみにおみくじは無料。太っ腹だぜ、台湾の仏様は。

 その他、これまた有名な故宮博物院にもいってきました。超細かい翡翠の彫刻やらがたくさん並んでて、見てると中国人すげえぜって気持ちになります。
平日の昼なので客足もそんなに多くなくてじっくり堪能できました。
この博物館は普段から日本人の客が多いので館内でかなり日本語が通じます。実際日本からのツアー客らしい人もけっこう見かけたし。
やはり普通の観光客はここに来るのがおすすめかと。

 そのほか蒋介石の記念堂とか、戦死者の霊を祀る台湾の靖国神社みたいな寺(名前忘れた)とかも行きました。
うーん、思い返すとほんとに忙しかったな俺。
やってるときは夢中で気がつかなかった・・・。

戻る

inserted by FC2 system